メール 0721-55-0200 0721-55-0200
標準

老寿サナトリウム

たとえ世界が明日終わりであっても私はリンゴの樹を植えるたとえ世界が明日終わりであっても私はリンゴの樹を植える

老寿サナトリウムの職員は、この言葉を
「たとえ患者さんの明日の命運がどのようなものであっても、
私たちは今日、患者さんが快適で楽しく有意義な生活を
送って頂けるよう精一杯努力します」
と読み替えて、患者さんの尊厳を守り、
心をこめた医療・看護・介護を実践しています。

院長ご挨拶

院 長 北 畑 大 輔
院 長 北 畑 大 輔
老寿サナトリウムの理念は、患者さまに長寿の喜びを感じていただくためのものであり、「その人がその人らしい生活」を過ごせるよう心のこもった医療・看護・介護を実践しています。
より質の高いターミナルケアを目指し、「笑顔」・「やさしいまなざし」・「言葉かけ」・「ふれあい」・「ぬくもり」を心がけ、入院されている患者さまやご家族さまに「入院して良かった」と感じていただけるよう、一層努めてまいりたいと思いますので、温かいご指導とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

病院の概要

病院名 医療法人弘生会 老寿サナトリウム
住 所 〒586-0094 大阪府河内長野市小山田町379-5
T E L 0721-55-0200
F A X 0721-55-0205
E-mail kouseikai@roujyu.jp
開設年月 1980年12月
開設者 医療法人 弘生会
代表者・理事長 北畑 英樹  キタハタ ヒデキ  (慶應義塾大学 医学部卒)
管理者・院長 北畑 大輔  キタハタ ダイスケ
診療科目 内 科
病床数 医療療養病床 281床 ( 8病棟 )
職員数 250名
敷地面積 11,141㎡
建築面積 4,448㎡
延床面積 12,333㎡ 鉄筋コンクリート造5階建
施設基準 < 基本診療料 >
・療養病棟入院基本料1
・療養病棟療養環境加算1
・認知症ケア加算2


< 特掲診療料 >
・薬剤管理指導料
・CT撮影 (16列以上マルチスライスCT)
・脳血管疾患等リハビリテーション料 (Ⅱ)
・運動器リハビリテーション料 (Ⅰ)


< 入院時食事療養(Ⅰ) 、入院時生活療養(Ⅰ) >

療養病床 主として長期にわたり療養を必要とする患者さまのための病床で、病床面積や談話室の設備が必須であります。
また、医師・看護師・介護職員の配置人数が定められております。

病院の沿革

1951年8月 関屋病院開業 結核療養病棟(20床)
1972年4月 医療法人弘生会 設立 理事長・北畑金治
(一般病床90床・精神病床63床・結核病床60床)
1980年12月 医療法人弘生会 老寿サナトリウム 開設
(一般病床83床)
1982年10月 北畑英樹 医療法人弘生会理事長に就任
1992年9月 老寿サナトリウム 全面改築完了 (一般病床281床)
「りんご」を医療法人のシンボルマークに採用
1999年3月 老寿サナトリウム こんごう棟とアップルドーム完成
全病棟を療養病床 (281床) に移行
2005年8月 老寿サナトリウム 「やすらぎの特別室」 いこま棟完成
2010年4月 北畑大輔 老寿サナトリウム院長に就任

MENU
看護部のご紹介 リハビリテーション ケアプランセンター
TEL 0721550200 FAX 072155020
ページ上部へ戻る