メール 0721-55-0200 0721-55-0200
標準

入院中のお食事

3月の 「 郷土料理 」 掲載致しました

2019年03月20日

郷土料理(東京都)

郷土料理(東京都)

平成31年3月の郷土料理は東京都、江戸時代に親しまれていた料理を揃えました。
「たいめし」は武家での祝いの席では欠かせないものでした。天ぷらは卵の黄身と白身で色を分け、「金ぷら・銀ぷら」と洒落のきいた呼び方をしていました。「みそ煮」は江戸甘と呼ばれるみそを使いました。獣肉はご禁制でしたが、猪肉をボタンと呼んで食べていました。「白和え」には今が旬の菜の花を使いました。菜の花は油が取れることから小判に化けるとされ、それを食することは旦那衆の高貴な遊びでもありました。「とうきび卵」はとうもろこしのプリン、当時は砂糖も卵も超高級品、牛乳は幕末にしか手に入らない貴重なものでした。

MENU
看護部のご紹介 リハビリテーション 短期入院のご案内
TEL 0721550200FAX 072155020
ページ上部へ戻る