メール 0721-55-0200 0721-55-0200
標準

入院中のお食事

老寿サナトリウムではバラエティーに富んだお食事をお出ししています。
ご希望をお伺いしながら、季節感あふれる料理をお召し上がりいただいています。

※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

郷土料理(沖縄県)

郷土料理(沖縄県)

7月の郷土料理は沖縄県。
沖縄料理で最も親しまれている沖縄そば。そばと具材の沖縄かまぼこは、現地から取り寄せました。豚の角煮は国産豚の肩ロースをじっくりと煮込んだ、手製のものです。ジューシーは豚バラ肉やひじきなどの具を使った沖縄の炊き込みご飯です。ゴーヤチャンプルーには現地から取り寄せた車麩が入っています。生産量全国第2のモロヘイヤは、ツナとトマトと一緒にさっぱりとした和え物にしました。甘味はサーターアンダギー。大人から子どもまで愛されているお菓子を手作りしました。

七夕お膳

七夕

7月7日は七夕。織姫が編む糸に見立てたり、七夕の頃に麦の収穫を迎えることから、そうめんを食べる風習があります。この日のそうめんは卵の黄色、梅の赤、抹茶の緑の三色。海老や錦糸卵、きゅうりや茗荷といった夏野菜と一緒にお召し上がり頂きました。関西の夏に欠かせないタコはたこ飯に、ハモは天ぷらにしました。流れ星をイメージしたゼリーもお膳に彩りを添えています。

郷土料理(愛媛県)

郷土料理(愛媛県)

6月の郷土料理は愛媛県。
瀬戸内の速い潮流にもまれた鯛を使った鯛めしは、愛媛県を代表する郷土料理。今回は骨からとった出汁と脂ののった腹の部分を一緒に炊き込み、ぜいたくに切り身を乗せたものをご用意しました。せんざんきは鶏料理が盛んな今治の名物料理です。卵寒天は、出汁のきいたかき玉を固めたもの。祝いの席で欠かせない料理です。茄子のたたきは夏のおもてなし料理として親しまれています。石花汁は石材業が盛んな大島の郷土料理です。甘味はかんころ。裏ごしたさつま芋に甘く炊いた小豆がたっぷりと入っています。

50周年創立記念お膳

50周年創立記念お膳

医療法人弘生会は、今年で50周年を迎えることができました。6月13日は創立を記念したお膳をご用意。
折詰めに左上から時計回りに煮〆、鯛の木の芽焼き、和牛のしゃぶしゃぶ、はもと夏野菜の天ぷら。小鉢には信田巻きとトマト・オクラの冷やし鉢。お食事はみょうが寿司。デザートはフランスの伝統菓子ババ・オ・ラム。ホイップクリームには50周年をイメージした5種類のフルーツが散りばめられています。
記念の年にふさわしいお膳を初夏の味覚とともにお楽しみ頂きました。

郷土料理(島根県)

郷土料理(島根県)

5月の郷土料理は島根県。
角寿司は山海の幸を重ねた押し寿司。ハレの日には欠かせない料理です。代表的料理の出雲そば。今回はそば粉の割合を増やした特別なそばをご用意しました。たけのこは山椒の実と一緒に炊き上げています。宍道湖七珍に数えられるシラウオはかき揚げにしました。甘味は羊羹。安来市の名刹、清水寺の門前で売られているものは、清水羊羹として参詣者に親しまれています。

こどもの日膳

こどもの日膳

5月5日は端午の節句。もともとは古代中国で菖蒲を用いた邪気払いの行事でした。日本には平安時代に伝わり、戦後にこどもの日とされ祝日となりました。江戸時代から始まったとされる鯉のぼりの風習。当日はそれをイメージしたオムライスをメインとした洋食をご用意しました。皆さま、ご家族のことやご自身の幼少の頃に想いを馳せて頂く、見た目にも楽しいお食事となりました。

郷土料理(三重県)

郷土料理(三重県)

4月の郷土料理は三重県。
こけら寿司はお祝いの席での定番。たくさん作って親戚縁者に配る風習があります。伊勢うどんは太くて柔らかい麺にたまり醤油で作ったタレをかけて頂きます。ちゃつは伝統的な精進料理。豆腐田楽は伊賀地方で親しまれています。甘味はないしょ餅。本来は祝いの席で食べるのですが、それ以外でも「内緒」で食べることからこの名前がつきました。あんこは小豆から炊き、餅には手摘みのよもぎを使っています。

お花見膳

お花見膳
お花見膳

病院とその周辺の桜も満開になった4月6日はお花見膳。3種の変わりご飯は春を感じさせる筍ご飯に豆ご飯、じゃこ飯。折詰めにはすき焼き、桜鯛の木の芽焼きに焼きつくね、貝柱の照り焼き。天ぷらはいかとふきのとう。青さ入りの出し巻き卵に煮〆。うぐいすの形をした南瓜と、百合根の花びらが彩りを添えています。小鉢は冷製ジュレがけ。赤出しは焼き茄子と手まり麩。甘味はいちごたっぷり自家製ソースのパンナコッタ。この時期にしか味わえない春の味覚をお楽しみいただきました。

郷土料理(長崎県)

郷土料理(長崎県)
郷土料理(長崎県)

3月の郷土料理は長崎県。
蒸し寿司はたらのでんぶと穴子のそぼろ、錦糸卵の三色が色鮮やか。茶碗蒸しと一対となった夫婦蒸しとして親しまれています。長崎名物の卓袱(しっぽく)料理煮欠かせない豚の角煮。三枚肉をじっくりと煮込みお箸で切れる柔らかさに仕上げました。旬の菜の花が彩りを添えます。長崎県島原地方はそうめんの一大産地。マヨネーズサラダにしました。長崎銘菓のカステラはハチミツの風味を活かした手作りです。

ひなまつり御膳

ひなまつり御膳

毎年寿司御膳をお楽しみいただいているひなまつり。今年は手まり寿司をご用意。漬けまぐろ、野沢菜漬け、錦糸卵桜の花仕立て、いくら、小海老木の芽添えの5種類を折り詰めに。中央には花の形のスモークサーモンを置き、華やかさを演出しました。大皿は鯛の西京焼きに華しんじょう、春野菜の炊き合わせ、ひなかまぼこ。小鉢は寄せ湯葉豆腐、牛ロースの焼きしゃぶ。吸い物ははまぐりと梅そうめん、手まり麩。デザートは三色ケーキとさちのかいちご。ひなまつりにふさわしい鮮やかなお食事をお楽しみいただきました。
1 2 3 4 5 6 14
MENU
看護部のご紹介 リハビリテーション 短期入院のご案内
TEL 0721550200FAX 072155020
ページ上部へ戻る