メール 0721-55-0200 0721-55-0200
標準

入院中のお食事

老寿サナトリウムではバラエティーに富んだお食事をお出ししています。
ご希望をお伺いしながら、季節感あふれる料理をお召し上がりいただいています。

※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

郷土料理(福井県)

郷土料理(福井県)

毎月1回郷土料理の日を設け、全国各地の名物・伝統料理をお召し上がり頂いております。
ご出身の県や、ご旅行で訪れた地だったり…。思い出話に花が咲くこともしばしば。

平成28年最初の郷土料理は福井県。
ソースカツ丼は福井県ではおなじみのグルメ、特産のめかぶはとろろと合わせました。
煮豆は金時豆、うぐいす豆、白花豆の色鮮やかな取り合わせ。定番の越前そばは大根おろしでさっぱりと。甘味は芋あべかわ、じゃが芋を餅に見立てたお菓子です。

新年お祝い膳

新年お祝い膳

平成28年の元旦のお祝い膳は伝統的なおせち料理を揃えました。

焼き物は甘鯛の西京焼きにいかの松笠焼き、帆立貝の照り焼き。煮物は鶏肉の二色巻きに豚の角煮、海老の旨煮。
くわいや椎茸、高野豆腐の煮〆は出しの香り豊かに仕上げました。小鉢は紅白なますにいくらを添えました。
一年のはじまりを色鮮やかで縁起の良い料理で迎えていただきました。

クリスマスメニュー

クリスマスメニュー

12月24日はクリスマスメニュー。
平成27年は、かにの身たっぷりのピラフに、クリスマスの定番フライドチキン。
あつあつの海の幸のコキールやトマトのスープは身体を温めてくれます。デザートはバナナのパンナコッタ。
クリスマスらしく洋風メニューをお楽しみいただきました。

郷土料理(北海道)

郷土料理(北海道)

ご好評頂いている毎月第三水曜日の郷土料理は日本三周目となりました。
平成27年11月は北海道。
甘味たっぷりのトウモロコシを使った とうきびご飯に、旬の秋鮭を使った石狩鍋はお馴染みのご当地料理。かに酢に塩焼きそばと魚介や野菜たっぷりの料理をお楽しみ頂きました。
デザートは酪農王国・北海道をイメージしたヨーグルトムースです。

ハロウィン

ハロウィン

10月31日はハロウィン。
日本でも定着した西洋のおまつりです。

平成27年のハロウィンメニューは、パエリアやスコッチエッグなど洋食をご用意。デザートはハロウィンに欠かせないかぼちゃを使ったパウンドケーキをお楽しみ頂きました。

夏まつり御膳

夏まつり御膳

7月25日は夏まつり。

折り詰めは枝豆ごはんと、たこ飯、逆さいなりの三色盛り。
はもの天ぷらや賀茂茄子田楽、うなぎ新丈蒸しの夏の味覚に、煮豚や出し巻き卵など定番の味を彩りよく盛り付けました。
冷やし鉢は冬瓜にかに身をあしらえ、夏野菜を添えました。
デザートの錦玉羹は、金魚鉢に見立てた器に練りきりの金魚を泳がせ、涼しさをイメージしました。

郷土料理(佐賀県)

郷土料理(佐賀県)

毎月1回郷土料理の日を設け、全国各地の名物・伝統料理をお召し上がり頂いております。
ご出身の県や、ご旅行で訪れた地だったり…。思い出話に花が咲くこともしばしば。

平成27年7月の郷土料理は佐賀県。
須古寿司は餅米の入った寿司飯が特徴の500年続くの伝統の味です。
たろめんはうどんに具はちゃんぽん、スープは生姜味の白湯スープという一風変わった麺です。
冬瓜は白みそであっさりと、にいもじはずいきの冷やし鉢でいずれも夏場の定番です。人口当たりの羊羹屋の数が全国一の小城市に因み、練り羊羹を手作りしました。

郷土料理(京都府)

郷土料理(京都府)

H24年1月の郷土料理は京都府。

温かいしっぽくうどんに水菜とおあげの炊いたん、千枚漬けは冬の京都を代表する料理です。

かやくご飯や田楽といった京都の定番に加え、宇治茶の老舗辻利の抹茶を使った二色羊羹をお楽しみいただきました。

1 6 7 8 9 10 11
MENU
看護部のご紹介 リハビリテーション 短期入院のご案内
TEL 0721550200FAX 072155020
ページ上部へ戻る