メール 0721-55-0200 0721-55-0200
標準

入院中のお食事

老寿サナトリウムではバラエティーに富んだお食事をお出ししています。
ご希望をお伺いしながら、季節感あふれる料理をお召し上がりいただいています。

※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

重陽の節句

重陽の節句9月9日は重陽の節句。
古来からこの日は、無病息災や長寿を祈る日として親しまれてきました。別名、栗節句といい、栗をはじめとしてこれから旬を迎える秋の味覚をお供えしていました。当院でも栗ごはんに菊花和えといった料理をお楽しみ頂きました。

郷土料理(宮崎県)

郷土料理(宮崎県)

8月の郷土料理は宮崎県。
縁日の屋台などでも大人気の肉巻きおにぎりは、宮崎にある居酒屋のまかない料理が発祥です。宮崎ラーメンはあっさりめの豚骨スープが特徴です。菜豆腐は野菜を豆乳で固めた、宮崎県内陸部の郷土料理です。和え物は宮崎を代表する“冷や汁”をアレンジしました。甘味はねりくり。もち粉とさつま芋を合わせた素朴でどこか懐かしい味です。

納涼膳

納涼膳

7月21日は納涼膳。
おにぎりは鶏、鯛、しそみょうがの三種盛り。盛り合わせには鰆の木の芽焼きにいか松笠焼き、青さ入りの出し巻き卵、木の葉南瓜と青紅葉冬瓜の煮物。牛しゃぶには国産牛のもも肉を使っています。天ぷらは海老に茄子、ズッキーニと夏野菜を揃えました。とうもろこしはていねいに裏ごして葛寄せ豆腐にしました。吸い物は関西の夏には欠かせないハモと梅肉です。デザートは抹茶ティラミス。夏の食材をふんだんに使ったお食事をお楽しみいただきました。

郷土料理(茨城県)

郷土料理(茨城県) 郷土料理(茨城県)
郷土料理(茨城県)
郷土料理(茨城県)

7月の郷土料理は茨城県。
日本三大稲荷のひとつ、笠間稲荷神社の参道には多くの飲食店が軒を連ねています。お店それぞれで趣向を凝らしたいなり寿司が名物になっています。パイタ焼きはアジのハンバーグ。パイタとは舟の櫂のことで、櫂の平らな部分で叩いて焼いたことからその名がついています。いとこ煮は南瓜と小豆の煮物、しもつかれは鮭のおろし和え、けんちん汁とともに地元で親しまれている味です。デザートは生産量日本一のメロンが入ったロールケーキです。

七夕料理

七夕料理

7月7日は七夕。
毎年この日はそうめんをお召し上がり頂いています。七夕にそうめんを食べる由来として、織姫の使う糸に見立てて裁縫の上達祈願や、麦の収穫祭、1年間の無病息災を祈るなど諸説あります。先人の知恵に思いを馳せながら、茗荷ごはんやスイカなど初夏の味覚とともにお楽しみ頂きました。

郷土料理(山形県)

郷土料理(山形県) 郷土料理(山形県)
郷土料理(山形県)
郷土料理(山形県)

6月の郷土料理は山形県。
和風出汁でいただく鶏中華は、そば屋の賄い料理から生まれた山形県のご当地グルメです。塩引き寿司は塩鮭を使った押し寿司、ハレの日には欠かせません。芋がらの煮付けは保存食として親しまれています。おかひじきは見た目が海藻のひじきに似ていることからその名がついています。デザートは洋梨のゼリームース。山形県の洋梨生産量は日本一です。

ワンプレートランチ

ワンプレートランチ

~ちょっと今日はカフェへランチを食べに♪~
そんな気分を味わっていただきたく、今回はプレートランチに。
その名も「大人のお子さまランチ」。オムライスにナポリタン、チーズハンバーグに海老フライ。誰もが大好きなメニューを1つのお皿に愛情と一緒にギュ~ッと詰め込みました。フレッシュトマトのサラダとベーコンのスープも添えて。デザートは濃厚みるくプリンの上に3色のゼリーをのせて季節の花である紫陽花を表現してみました。

郷土料理(大阪府)

郷土料理(大阪府) 郷土料理(大阪府)
郷土料理(大阪府)
郷土料理(大阪府)

5月の郷土料理は大阪府。
豆ご飯に使っているうすいえんどうは、羽曳野市碓井地区が原産です。串カツは大阪府民のソウルフード、食べやすいように揚げてから串をはずしています。ねぎ焼きはお好み焼きの原型といわれています。小松菜は代表的な大阪産野菜のひとつ、しらすと和え物にしました。大阪うどんといえばきつねうどんは外せません。甘味は桜餅。藤井寺市道明寺発祥の道明寺粉を蒸し上げて、ひとつひとつ丁寧に仕上げました。

郷土料理(熊本県)

郷土料理(熊本県)

4月の郷土料理は熊本県。
干しエビが入った海老飯は地元の漁師飯。太平燕(タイピンイェン)は春雨にたっぷりの野菜がのったご当地麺。熊本産の筍はいち早く市場に出回ります。旬の若布とともに若竹煮にしました。ひともじぐるぐるとはワケギの酢味噌和えのこと。デザートは黒糖ドーナツ。熊本では定番のおやつです。

お花見膳

お花見膳 お花見膳 お花見膳
お花見膳
お花見膳
お花見膳

4月3日はお花見膳。桜ごはんは脂ののった鯛をそぼろにして、色ごはんの上にぜいたくに乗せています。生の筍と木の芽の香りが豊かな木の芽和えは、春にしか味わえない季節の逸品です。折詰めは牛すきに、鶏つくね、鰆の黄金焼き、う巻き、炊き合わせと盛りだくさん。甘味は桜ムース。桜の花の香りをほのかに漂わせています。名残の桜を愛でながらのお食事をお楽しみ頂きました。

MENU
看護部のご紹介 リハビリテーション 短期入院のご案内
TEL 0721550200FAX 072155020
ページ上部へ戻る