メール 0721-55-0200 0721-55-0200
標準

入院中のお食事

老寿サナトリウムではバラエティーに富んだお食事をお出ししています。
ご希望をお伺いしながら、季節感あふれる料理をお召し上がりいただいています。

※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

敬老のお祝い御膳

敬老のお祝い御膳 手まり試作

9月の敬老の日に合わせてイベント食を実施しました。
16日は敬老御膳をご用意。変わりごはんは栗赤飯と松茸ごはん。折詰め左上は含め煮盛り合わせ。右上はアスパラ牛肉巻きと秋野菜の揚げ浸し、ひょうたん出し巻きの盛り合わせ。小鉢はごま豆腐、アボカドとかにのタルタルサーモン包みいくらのせ。赤出しはなめこと豆腐です。甘味は2層の抹茶ゼリー、チョコで描いた“寿”の文字で長寿をお祝い。24日は敬老菓子。手まりの練り切りは一つずつ手作りしました。縁起の紅白を市松模様で表現。金箔をあしらい、華やかさも演出しました。

郷土料理(大分県)

郷土料理(大分県)

8月の郷土料理は大分県。
お方寿司はうずら豆とアジの干物が入っていて、俵むすびの形が特徴です。ごまだしうどんは白身魚のほぐし身にたっぷりのごまが入っています。とり天は、大分特産のかぼすで風味をつけています。白和えはいもがらや、わらびなどの山の幸いっぱいです。甘味はじり焼き。紫いものあんでお召し上がりいただきました。

郷土料理(宮城県 仙台駅弁)

郷土料理(宮城県 仙台駅弁)

駅弁シリーズ第3弾は、仙台駅の伊達鶏めし弁当です。鶏そぼろには筍のみじん切りが入っていて、食感の違いが楽しめます。鶏肉の酒粕漬け、卵焼き、笹かまぼこ、赤かぶ漬けが折詰めを彩っています。小鉢は菜の花のわさび和え、汁物はさんまのつみれが入った松葉汁でみそはご当地の仙台みそを使っています。デザートにはずんだプリンです。束の間の旅行気分を味わって頂きました。

すき焼き

すき焼き すき焼き
すき焼き
すき焼き

令和入って初めて毎年恒例のすき焼きパーティー。牛肉は国産のクラシタロース、甘味のある脂とうま味たっぷり赤身が特徴のとてもやわらかい部位です。野菜や豆腐にも肉のうま味が 移りお食事が進みます。この日ばかりはお酒もご用意しました。

すき焼きすき焼き

締めはうどんでおなかいっぱい。立ち上る湯気と豊かな香り、お食事場所もいつもと違うりんご庵で外食気分を味わっていただきました。

すき焼き
すき焼き

郷土料理(岩手県 一ノ関駅弁)

郷土料理(岩手県 一ノ関駅弁)

先月からお楽しみ頂いている駅弁シリーズ。令和2年最初の駅弁は、岩手県一ノ関駅のあぶり焼き牛肉弁当です。牛肉は肉のうま味と甘味を存分に味わえる稀少部位、カイノミを丁寧に焼き上げ、ごはんの上に敷き詰めました。折詰めには味噌田楽と甘酢生姜を、箸休めに曲がりねぎのマリネ、汁物はわんこそば、デザートにはずんだ餅をご用意。お料理で東北旅行を味わって頂きました。

おせち料理

おせち料理

令和2年の元旦のお祝い膳は伝統的なおせち料理です。折詰めは、左手前に若鶏二色巻き、伊達巻き、椎茸煮、市松蒲鉾、茄子田楽。右手前は出し巻き卵、棒鱈煮、煮〆。左上は煮〆一式。左上は鯛の子、花れんこん、黒豆、金目鯛幽庵焼き。右上は南瓜と里芋煮、寿高野、いかの松笠焼き、昆布巻です。 黒小鉢は海老の黄身と酢ときぬた巻き、菜の花。すまし汁は紅白そうめんと寿ゆば。お食事は栗入り赤飯。水菓子はいちごとメロンです。一年のはじまりを色鮮やかで縁起のいい料理で迎えていただきました。

クリスマス

クリスマス

12月25日はクリスマスメニュー。クリスマスリースに見立てたピラフには人参で型取った星が輝いています。チキンのトマトクリームチーズ煮込みとの相性も抜群です。サラダのゆで卵は黄身をくり抜きマヨネーズで和えて食べやすくしています。スープはかぶの甘味たっぷりのミルクスープ。デザートはいちごとダークチェリーが乗った、生クリームたっぷりの手作りロールケーキです。

郷土料理(北海道 旭川駅弁)

郷土料理(北海道 旭川駅弁)

好評の郷土料理は令和元年11月で3周目を達成し、12月よりしばらく駅弁での旅行気分をお楽しみいただきます。第一弾は旭川の蝦夷わっぱ。ホタテ、かに、いくらといった北海道の海の幸に、錦糸卵や茎わかめのしば漬け、菜の花の醤油漬け、赤かぶ漬けが彩りを添える豪華な駅弁です。北海道ざんぎ(鶏の唐揚げ)、人参のサラダ、海苔のみそ汁、手作りチーズタルトと合わせて北海道の味覚をお楽しみ頂きました。

郷土料理(岩手県)

郷土料理(岩手県)

令和元年11月の郷土料理は岩手県。
かざりめしは江戸時代からの伝統料理で、しょうゆ飯の上に鶏肉と色とりどりの野菜をのせたものです。北上コロッケは里芋の生地にアスパラガスが入ったご当地グルメです。味噌田楽はにんにくみそで香ばしく焼き上げています。ほうれん草ときのこはたっぷりのくるみで和えています。甘味は小豆ばっとう。お盆などで平たい麺を甘さ控えめのぜんざいで食べるそうです。今回で郷土料理は3巡目を終えました。足かけ12年、患者様にはお楽しみ頂いたことになります。

ハロウィン

ハロウィン

10月31日はハロウィン。ピラフには海老がたっぷり。ミートボールのトマト煮込みはどこか懐かしい味です。コールスローサラダと南瓜のポタージュは洋食の定番。デザートのハロウィンスイーツは紫イモのプリンにこうもりを模したクッキーを飾りました。西洋のお祭りらしく見た目も楽しい洋食をお召し上がり頂きました。

MENU
看護部のご紹介 リハビリテーション 短期入院のご案内
TEL 0721550200FAX 072155020
ページ上部へ戻る