沿革・取り組み 沿革・取り組み

当院について
沿革・取り組み

沿革

  • 1951年8月
    関屋病院開業 結核療養病棟(20床)
  • 1972年4月
    医療法人弘生会 設立 理事長・北畑金治
    (一般病床90床・精神病床63床・結核病床60床)
  • 1981年1月
    医療法人弘生会 老寿サナトリウム 開設 (一般病床83床)
  • 1982年10月
    北畑英樹 医療法人弘生会理事長に就任
  • 1992年9月
    老寿サナトリウム 全面改築完了 (一般病床281床)
    「りんご」を医療法人のシンボルマークに採用
  • 1999年3月
    老寿サナトリウム こんごう棟とアップルドーム完成
    全病棟を療養病床 (281床) に移行
  • 2005年8月
    老寿サナトリウム 「やすらぎの特別室」 いこま棟完成
  • 2010年4月
    北畑大輔 老寿サナトリウム院長に就任
  • 2018年6月
    北畑大輔 医療法人弘生会理事長に就任

SDGs達成のための取り組み

当院では、SDGsが掲げる17の目標のうち以下の5つについて取り組んでおります。

SDGsとは?

SDGs : 持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)とは、2015年9月の国連サミットで採択された 「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。 持続可能な世界を実現するための17のゴール(目標)・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として 取り残さないことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)な ものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。
※外務省HPより https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html

老寿サナトリウムが取り組んでいる5つのこと

  • 飢餓をゼロに

    飢餓をゼロに

    当院では、2018年から地元の子ども食堂に協賛し、「子どもの居場所を作る」を合言葉に、地域の子供たちの食事作りに協力しております。

  • すべての人に健康と福祉を

    すべての人に健康と福祉を

    患者さまに長寿の喜びを感じていただくために、「その人がその人らしい日々」を過ごせるよう、心のこもった医療・看護・介護を実践しております。

  • ジェンダー平等を実現しよう

    ジェンダー平等を実現しよう

    当院では、女性の活躍、女性管理職の推進と、ワーク・ライフ・バランスの推進に取り組んでおります。

  • 働きがいも経済成長も

    働きがいも経済成長も

    当院では、働きがいがあり働きやすい(仕事と家庭が両立しやすい)環境を目指しております。

  • 住み続けられるまちづくりを

    住み続けられるまちづくりを

    当院の職員が地元のまちづくり協議会に参加し、行政・地域住民・自治会・各種団体等と連携を図り、協働によるまちづくりに取り組んでおります。

ご家族が入院されている方へ ご家族が入院されている方へ
  • お見舞いメール
  • りんご割烹
  • WEB面会

PICK UPCONTENTS

沿革・取り組み